太陽光発電の導入価格を抑える方法

太陽光発電の費用は様々な要素が重なって計算されます。
まず、パネルの価格ですが、当然のことながらメーカーによってバラバラでして、安いものもあれば高いものもあるでしょう。
しかし、変換効率の善し悪しもあるので、一概にこれがお買い得とも言い難いです。
また、実際の発電力も異なりますので、設置する環境なども加味しなければなりません。
そして設置費用も業者によってかなり価格が異なります。
近くの業者や訪問販売などで決めると通常より高くついてしまうことがあるので、できればインターネットの比較サイトなどを利用して、どこが安いか検索して決めるのがベストではないでしょうか?
もちろん無料の見積もりサービスも充実しているので、そちらを利用するのも良いと思います。
これらによってできるだけ価格を抑えたとしても太陽光発電システムというのはとても高価な買い物だと思います。
そこで利用したいのが国や地方自治体による補助金制度です。
例えば設置kWを4kWとした場合、国からの補助金が約¥60000~¥80000程ですが、更に県とお住まいの市区町村から補助金が得られます。
国からの補助は全国一律ですが、県と市区町村には地域によって大きな差が付いており、例えば同じく4kWとした場合、埼玉県は¥60000、東京都は¥80000の補助です。
更に埼玉県の入間市は¥50000で、朝霞市はなんと¥200000となっています。
ちなみに朝霞市は申請期間が終了していますが、地域によっては制度の無いところもあるので、こればかりは致し方ありません。
以上の様に、安いパネルを安い業者に頼みつつ補助金を得れば、太陽光発電の導入にかかる費用はグッと抑えることができそうです。
そして最後にもう一つ考慮したいのは、やはり変換効率と発電力の高さについてなのですが、元々太陽光発電というものは高価なので、導入後いかに短期間で元を取るかという点が重視されてきています。
つまり、システムの能力次第では少しでも早く元を取り、儲けに繋げることができるというわけですが、太陽光発電を導入する際はその時の価格だけでなく長い期間で損得を計算する必要がありそうです。